日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

AIで変わる広報業務

SNS担当者はAIをどう使う?相模原市が国産生成AIの共同検証開始

相模原市

様々な領域で活用が進む「生成AI」を、広報ではどのように活用できるのか。また、AI時代の広報に必要なスキルセットとは。生成AIの活用について広報担当者に考えを聞く。

企業や自治体の業務における生成AI活用が進む中、相模原市でも2023年6月から23人の職員がChatGPTを業務の一部に利用する実証実験を開始した。同市の中間報告によると、実証実験に参加した23人のうち、約8割の職員が業務に活用できると回答した一方で、行政用語など専門性の高い分野への対応が不十分、情報の漏えいリスクが不安だという意見が見られたという。

そこで、相模原市では7月にNECが発表した「国産生成AI」に注目。国産であることのほか、日本語に特化した対応が可能になると言われ、日本語の独特な言い回しや、行政用語、専門用語などの文書作成に優位性があるという点に期待し、11月からNECと生成AIの共同検証を行っている。

人間と生成AIの役割分担を明確に

相模原市の観光・シティプロモーション課では、X(旧Twitter)をはじめとする...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

AIで変わる広報業務 の記事一覧

SNS担当者はAIをどう使う?相模原市が国産生成AIの共同検証開始(この記事です)
3万人が挑戦する事業価値創出 DNP広報のChatGPT活用
行政の情報をより分かりやすく伝える 外国人居住者も多い自治体の生成AI活用
「ChatGPT活用表彰制度」を導入 社内報インタビューの依頼状作成にも活用

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する