日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

地域メディアの現場から

2024年で放送開始10周年 千鳥の関東初の冠番組

岩津正洋氏(よしもとブロード)、藤岡成彬氏(テレビ埼玉)

ローカルで人気のテレビ番組や地元情報をきめ細かく伝える新聞・雑誌の編集方針や人気の秘密、つくり手の考え方を紹介します。

    テレビ埼玉『いろはに千鳥』
    放送日 毎週火曜23時~23時30分
    放送開始 2014年1月
    放送エリア 埼玉県ほか
    出演者 千鳥(大悟・ノブ)

    反響の大きかった企画

    米引き出しバラエティー完結編(2022年7月12日放送回)
    お米のおいしさを引き出してくれるという、都内のお米専門店「おこん」を訪れた千鳥の2人。強烈なキャラクターの店主による“おこん劇場”が繰り広げられた。

    第1回ポテサラびしゃがけ選手権(2023年6月6日放送回)
    様々な食材にタレやソースをたっぷりとかけて食べる“びしゃがけ”の人気企画第6弾。9商品の中からポテトサラダに“びしゃがけ”して最も合う商品を決定した。

    世界的卓球用品メーカーでガチンコ卓球!(2023年6月13日放送回)
    千鳥が番組をきっかけに大ハマリしている卓球。「バタフライ」ブランドを展開する卓球用品メーカーのタマスに潜入。同社の大澤卓子社長とガチンコ卓球対決で盛り上がった。

    情報受付窓口

    〒330-8538
    埼玉県さいたま市浦和区常盤6-36-4
    テレビ埼玉 編成部
    TEL:048-824-3131(代表)

今やテレビで見ない日は無い人気お笑いコンビ・千鳥。彼らの関東初の冠番組として、2014年に放送を開始したのが『いろはに千鳥』(テレビ埼玉)だ。埼玉県を中心に、2人が街を巡りながらグルメを楽しんだり、個性豊かな一般視聴者らと交流したりする街ブラトークバラエティ番組だ。

『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で2016年3月に放送された、地方局でレギュラー番組を持つ芸人を集めた「ローカル番組やってます芸人」で、千鳥が「1日8本撮り」という過酷な撮影スケジュールを紹介。全国区での人気が高まるきっかけとなった。

独立局ならではの自由度

『いろはに千鳥』はテレビ埼玉を含む全国24局での放送のほか、TVerなどの配信サービスでも配信中だ。2022年には、ローカル局が制作・配信する番組の中で、1年間で最も再生回数が多い番組に贈られるTVerアワード2022特別賞(ローカル)を受賞するなど、全国の老若男女から高い人気を得ている。

地方局の中でも系列に属さない独立局であるテレビ埼玉。予算の都合上、現在でも収録は6本撮りが通例だという。そのため、夏に収録した半袖姿の2人の様子が、真冬に放送されることもある。また、企画のオープニングトークだけで1回分(30分)として放送することも。

『いろはに千鳥』を立ち上げた生みの親であり、現在は演出を担当する岩津正洋氏は、同番組の魅力を「テレビ埼玉だから成立する自由度の高さ」にあると語る。

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

地域メディアの現場から の記事一覧

2024年で放送開始10周年 千鳥の関東初の冠番組(この記事です)
番組ファンコミュニティも創設 熊本県をとにかく面白がる番組
地元県民も知らない山陰の魅力発掘 三世代から愛される長寿番組
企業、人などの裏側をのぞき見 社長への取材は『人間味』が鍵
『地域密着』で視聴率V字回復 関西の食文化を盛り上げる
散歩を通じて、道内の魅力を紹介 Twitterから取材先を募ることも

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する