日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

著者インタビュー

トップと現場の感情をつなぐ 組織コミュニケーション漫画の可能性

内村 さやか氏(日本リテイリングセンター)

社長と現場がつながる、思いが伝わる
漫画のつくり方

日経BP
内村さやか/著
344ページ、2420円(税込)

組織コミュニケーションにおいて、陥りがちな課題が「トップと現場の従業員の思いの乖離」。社内報などを活用し、従業員にトップの思いを伝えても「伝わった手ごたえがない」「現場の行動が変化していない」と悩みをかかえる広報担当者も多いはず。

「トップダウンで知識情報のみを伝えても、現場との溝は埋まりません。大切なのは、伝え方の工夫で従業員の感情の側面も配慮すること」。こう述べるのは、『社長と現場がつながる、思いが伝わる漫画のつくり方』の著者であり、サイゼリヤで「社内コミュニケーション漫画(4コマ)」の制作に携わってきた内村さやか氏だ。

内村氏は社長の思いを漫画のネームに起こして外部の漫画作画者に依頼するフローで、3年間150回以上にわたり漫画を制作してきた。この経験をもとに、本書では組織コミュニケ―ションに漫画を活用する意義から企画のコツ、「伝わる」ためのテクニックまでをロジカルにまとめている。

漫画の強みは没入感と共感性

そもそも内村氏が、組織コミュニケーションのツールとして漫画を用いたのは...

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

トップと現場の感情をつなぐ 組織コミュニケーション漫画の可能性(この記事です)
強いメッセージはルール外に浮かび上がる
企業イメージを高める広報担当者のデータ活用術とは
「伝わる」コミュニケーションに必要なのは話術より「場の空気」づくり
生成AIを超える価値創出は収拾する情報の質と量で決まる
人的資本経営に欠かせないのは従業員の「活力」「熱意」「没頭」の向上施策

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する