日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

IRの学校

IRの学校23時限目 IR担当部署の予算管理

大森慎一(バンカーズ)

イラスト/もとき理川

上場財部株谷:こんばんは。

大森:はい、こんばんは。今日は大変だったみたいだね?

上場:そうですね、部門予算に関する来期予算案の提出期限だったので、ギリギリまで作業してました。

大森:なるほど。お疲れ様でした。

上場:とは言っても、それほど大きな変更はないので、基本的に今期の概算値の横引きなんですけどね。

大森:横引きねぇ。

上場:はい。とりあえず、年間スケジュールを確認して、概算値を参考に予算を立てました。総合予算編成方針では、管理部門は、基本的に費用を抑制する方向で検討してほしい、とのことでしたので。

大森:う~ん、いいんだけど、もしかして前期の費用をそのままコピーしただけ?

上場:いえいえ、物価上昇分は見込まないといけないので。例えば、昨年リニューアルしたIR資料は今年はつくり直さない、外注委託分の内製化するなど、削減できそうな点は織り込んだつもりです。利子も入って人員も増えたので。

大森:ちょっとざっくりすぎないかい?

上場:結構細かく、個社別に見直しましたよ?

大森:個社別って、取引業者さん別ってこと?業者の見直しなどはしないの?経費を抑えるには必須の作業ではないのかな?

株谷:個社別というより、内容別というか、目的別で見直した方が良かったのかもしれませんね。例えば、会社説明会に係る費用、資料のつくりこみ、情報提供に係る配布費用など。そうすれば、業者の見直し、内製化などで削減できるかもしれませんし、新たなチャレンジの方向性も検討しやすいのかな、と思いました。

上場:確かにそうですね。なんだか、やり直したくなってきました。

大森:ははは、予算編成は調整がまだ続くだろうから。チャンスはあるよ。

上場:まだ、IR担当室の予算案の段階なので、時間の猶予はあります。いずれにしても、ちゃんと整理しておかなければならない観点だと思いました。できれば、今日はその話の続きをお願いします。

大森:了解です。株谷さんの分野かもしれないね。株谷さん、IR分野における予算管理のフレームワークを考えていきましょうか。

上場:ありがとうございます。

予算と計画の違いとは

大森:じゃあ、まず、一般的な予算編成の考え方を説明いただけますか?

株谷:はい。一般的に経営企画室など予算管理事務局が社長やCEOの考え方をまとめて...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

IRの学校 の記事一覧

IRの学校23時限目 IR担当部署の予算管理(この記事です)
IRの学校22時限目 本質を引き出すコミュニケーションとは
IRの学校 21時限目「よりよいエスカレーションとは」
IRの学校 20時限目「有事の際の情報整理・情報開示」
IRの学校 19時限目「有事の際のリスクマネジメント」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する