日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

担当者が語るIRの現場

「自分の言葉」で語る オンリーワンのIRを

堀場製作所

従来の定型的な情報開示に留まらず、多様な方法で株主や投資家、アナリストに社の魅力を伝えようと試みる、IR実務担当者が登場します。

統合報告書「HORIBA Report2018」は営業や採用活動においても幅広く活用されている。

堀場製作所は、京都に本社を置く分析・計測機器メーカーです。当社の歴史は、1945年10月、創業者の堀場雅夫が京都大学発の学生ベンチャーとして「堀場無線研究所」を創業したことに始まります。1953年に堀場製作所としてスタートしてからはグローバルに事業対象を広げ、現在は自動車計測・環境プロセス・医用・半導体・科学の5事業を展開。また、エンジン排ガス測定装置などの多くの製品において、高い市場シェアを獲得しています …

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

担当者が語るIRの現場 の記事一覧

「自分の言葉」で語る オンリーワンのIRを(この記事です)
企業価値を株価に反映 ソラストのIRの現場
LTV経営の「見える化」へ 丸井グループのIRの現場
従業員はステークホルダー 塩野義製薬のIRの現場
部署を超えた協力体制 SOMPOホールディングスのIRの現場
IT技術と直接対話の充実 KDDIのIR戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する