日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

著者インタビュー

商品開発も組織づくりも「感動体験」が付加価値に

前野隆司氏(慶應義塾大学大学院)

感動のメカニズム 心を動かすWork&Lifeのつくり方
前野隆司/著
講談社
200ページ、840円+税

モノ消費から「コト消費」へ移行するなか、顧客が満足する"体験"の提示が企業のマーケティングやコミュニケーション活動に必要とされている。

「人々はそもそも幸福になるべきという、根本的なところを考えるべき。それを考慮した、モノづくりやサービスづくりが今の時代は求められている。モノやサービスに、人々を感動させる体験を付加することが重要です」。こう語るのは、「幸福学」研究の第一人者として知られる慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司教授だ。

感動は4つに分類される

本書では「STAR分析」という独自の感動分析のフレームを紹介している。様々な感動事象は❶SENSE+FEEL(美しさ、味、匂い、心地よさなど五感で感じる感動)❷THINK+FEEL(理解や発見など知見の拡がりに対しての感動)❸ACT+FEEL(上達や成長、進歩など動きや変化による感動)❹RELATE+FEEL(愛着、感謝、尊敬など人や物へのつながりに対する感動)の4つに分類できるという考えだ …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

商品開発も組織づくりも「感動体験」が付加価値に(この記事です)
広報戦略は「透明資産」 集客力を高めるメディアの使い方
人気ゲームを分析 人を動かすデザインとは
広報の仕事にも役立つ 「秘書力」というスキル
情報社会を生き抜く知恵と技術

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する