日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

TOKYO2020特別企画

選手村に再生利用できる寝具を提供 3Dカメラ測定で『個別仕様』に

エアウィーヴ

DATA
エアウィーヴ
契約カテゴリー 寝具
2008年の北京大会から水泳・陸上の日本選手団に商品を提供。2012年のロンドン大会では文部科学省の依頼を受け、日本選手団に商品を供給した。2013年に、正式にオフィシャルJOC寝具パートナーとなる。2014年ソチ大会では、日本のみならず、アメリカ、フランス、オーストリア、ドイツ、スイスのオリンピック委員会とスポンサー契約を結んだ。2016年4月に、東京2020オフィシャル寝具パートナー契約を締結。2019年9月、選手村への寝具の導入が決定したことを発表。

9月24日、大会選手村寝具供給に関する記者発表会には錦織圭選手も登壇した。

東京2020オリンピック選手村に導入される寝具一式。フレーム部分は段ボールでできており、大会後は紙製品に再生利用される。

エアウィーヴはフィギュアスケーターの浅田真央さん、テニスの錦織圭選手など、多くのアスリートが愛用してきたことでも知られている …

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

TOKYO2020特別企画 の記事一覧

グローバル企業がローカルへ訴求 ネットワークを活かし社会課題解決へ
選手村に再生利用できる寝具を提供 3Dカメラ測定で『個別仕様』に(この記事です)
「すべてのひとに優しい空」の実現へ ユニバーサルサービスをレガシーに
東京大会で約20万人サポート 「平和」の実現を語学教育から
五輪スポンサーで5つの効果 アンバサダーが「自分ごと化」推進
共生社会の実現を強調 会場全体で機運盛り上げ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する