日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

TOKYO2020特別企画

「すべてのひとに優しい空」の実現へ ユニバーサルサービスをレガシーに

全日本空輸

DATA
全日本空輸
契約カテゴリー 旅客航空輸送サービス
2015年6月、東京2020オフィシャルパートナー契約を締結。2006年のトリノオリンピックからJOCオフィシャルパートナー。2016年1月1日から東京オリンピック・パラリンピック推進本部を設置し、企画部が事務局を担当。「HELLO 2020 プロジェクト」を立ち上げ、全国に推進担当を配置している。

HELLO 2020 JETは大会種目のシルエットや日本の代表的な自然、建造物が描かれている。客室乗務員も特別デザインのエプロンを着用。

全日本空輸(ANA)は2006年のトリノ大会からJOCオフィシャルパートナーとして、オリンピック日本代表選手団や多くのスポーツを支援してきた。今回の東京大会では、オリンピック・パラリンピック推進本部を2016年1月に設置している。

担当部長を務める村田加奈子氏は今回のスポンサードに関して、「東京2020大会の基本コンセプトの"全員が自己ベスト" "多様性と調和" "未来への継承"は、ANAグループの経営理念『安心と信頼を基礎に、世界をつなぐ心の翼で夢にあふれる未来に貢献します』と非常にリンクしています …

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

TOKYO2020特別企画 の記事一覧

グローバル企業がローカルへ訴求 ネットワークを活かし社会課題解決へ
選手村に再生利用できる寝具を提供 3Dカメラ測定で『個別仕様』に
「すべてのひとに優しい空」の実現へ ユニバーサルサービスをレガシーに(この記事です)
東京大会で約20万人サポート 「平和」の実現を語学教育から
五輪スポンサーで5つの効果 アンバサダーが「自分ごと化」推進
共生社会の実現を強調 会場全体で機運盛り上げ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する