日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

リスク広報最前線

自然災害に強い広報の体制づくり トップの判断を迅速に社内に伝える

浅見隆行(弁護士)

複雑化する企業の諸問題に、広報はどう立ち向かうべきか。リスクマネジメントを専門とする弁護士・浅見隆行氏が最新のケーススタディを取り上げて解説する。

問題の経緯

2019年9月9日

首都圏の駅ではホームや改札に何時間も入れない光景が見られた。


午前5時前に台風15号が千葉市付近に上陸。上陸時の勢力としては関東圏で過去最強クラスとなる中心気圧960hPa・最大風速40m/sを記録した。東海・関東・東北地方において、停電や住宅地の冠水、構造物の倒壊、倒木などが相次いだ。この日は、JR東日本と首都圏の私鉄各社は始発から運行を見合わせ、天候が回復しだい再開すると発表していた。しかし、回復見込み時間と通勤・通学時間が重なっていたため、多くの駅が利用者であふれかえった。

9月8日深夜から9日にかけて台風15号が関東地方を直撃したことで、9日の通勤・通学に混乱をきたしました。9日午前中には駅に殺到する通勤・通学客の入場規制があったほか、台風が直撃した千葉県方面では、改札を先頭に数キロメートルもの行列もできました。

それに対して、「こんな日に通勤しなくても」「テレワークできないのだろうか」などと、無理をして通勤・通学しようとする姿に批判的な声も多く見られました。

そこで今回は、このケースをもとに、自然災害が発生したときの、いわゆるBCP(事業継続計画=business continuity planning)としての、社内・社外広報について検討します …

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

リスク広報最前線 の記事一覧

自然災害に強い広報の体制づくり トップの判断を迅速に社内に伝える(この記事です)
かんぽ生命など3社の広報対応 ガバナンスの機能不全が明らかに
吉本興業の遅すぎた記者会見 日大アメフット事件と酷似
転勤命令で炎上のカネカ 法律論よりも企業姿勢のアピールを
東京オリンピック・パラリンピック アナウンス不足でトラブルが続出
LIXILグループCEO交代劇 ガバナンスのあり方が問題に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する