日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

伝説のPRパーソン

パブリック・リレーションズとは何か

河西 仁(ミアキス・アソシエイツ 代表)

北米で19世紀後半以降に活躍し、現代広報PRの歴史的発展に貢献した偉人の功績を紐解きます。

    パブリック・リレーションズから
    コーポレート・コミュニケーションズに

    アイビー・リー(1877-1934)をはじめとする
    時代を代表するPRパーソンたち
    写真提供/PR Museum
    Bettmann/ゲッティイメージズ

南北戦争が1865年に終結したアメリカは、1870年代から1940年代までの間に、大きく変わりました。急速な工業化によって経済市場が発展し、20世紀初めにはイギリスを抜いて世界最大の工業国になり、アメリカ国民の生活水準も、劇的な変化を遂げました。

また、新聞・雑誌メディアの報道に影響を受けた一般大衆の攻撃からクライアントを守り、否定的な世論を好意的なものに変えることに注力する、パブリシストと称する専門職が活躍を始めたのもこの時代です。起業家たちは、一般大衆とのコミュニケーションの重要性を認識し、彼ら(パブリック)との良好な関係を築くために、広報(パブリック・リレーションズ)という新しいマネジメント手法と、それを実践できる広報PRのプロフェッショナルが必要とされました。

本連載でもご紹介した、アイビー・リーをはじめ...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

伝説のPRパーソン の記事一覧

パブリック・リレーションズとは何か(この記事です)
パブリック・リレーションズ研究の第一人者──レックス・ハーロウ
ウォルター・リップマン──ニュースと真実の違いにこだわったジャーナリスト
カール・バイヤー──広報エージェンシーの1社1担当制を確立
ヘンリー・フォード──週刊誌を買収、自社メディアとして活用したクルマ王
歴史上初の国家的規模「プロパガンダ」の仕掛け人──ジョージ・クリール

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する