日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

伝説のPRパーソン

ウォルター・リップマン──ニュースと真実の違いにこだわったジャーナリスト

河西 仁(ミアキス・アソシエイツ 代表)

北米で19世紀後半以降に活躍し、現代広報PRの歴史的発展に貢献した偉人の功績を紐解きます。

    ニュースと真実の違いに
    こだわったジャーナリスト
    ウォルター・リップマン

    ウォルター・リップマン
    Walter Lippmann
    (1889-1974)
    Bettmann/ゲッティイメージズ

    ◆ ピューリッツァー賞を2度受賞
    ◆ ウィルソン大統領の元で和平に対する広報活動に従事
    ◆ 民主主義におけるジャーナリズムを再定義した『世論』発表

ウォルター・リップマンは、1931年から1967年にかけて新聞で連載したコラム「Today and Tomorrow」で有名な米国を代表するジャーナリストであり、ピューリッツァー賞を2度受賞しています。

最優等賞を得てハーバード大学を3年で卒業したリップマンは、研究者や政治家ではなく、ジャーナリストの道に進みます。彼は、当時の代表的なマックレーカー(官僚らの不正を暴く記者)の一人であるリンカーン・ステファンズの編集助手として『Everybody’s Magazine』の編集に加わり、記者としての知識とスキルを、徹底的に叩き込まれます …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

伝説のPRパーソン の記事一覧

ウォルター・リップマン──ニュースと真実の違いにこだわったジャーナリスト(この記事です)
カール・バイヤー──広報エージェンシーの1社1担当制を確立
ヘンリー・フォード──週刊誌を買収、自社メディアとして活用したクルマ王
歴史上初の国家的規模「プロパガンダ」の仕掛け人──ジョージ・クリール
大統領広報のパイオニア──セオドア・ルーズベルト
PRエージェントの社会的地位向上に尽力した、広報のゴッドファーザー

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する