販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

ニベアが名曲「違う、そうじゃない」にのせて洗顔料に持たれた先入観を解消

ニベア花王

ニベア花王(東京・中央)は4月23日、同社が2017年から展開するブランド「ニベア クリームケア洗顔料」のプロモーションとして、歌手やモデルとして活躍する鈴木愛理さんを起用したウェブ動画「ニベアの洗顔は違う、そうじゃない」の全4編を特設サイトおよびYouTubeにて公開した。

動画では、1994年に歌手の鈴木雅之さんがリリースした名曲「違う、そうじゃない」をアレンジ。その歌にのせて、鈴木さんがニベアの洗顔に関する4つの誤解「すっきり洗えなさそうじゃない?」「保湿しかできなそうじゃない?」「ヌルつきそうじゃない?」「冬だけ使われてそうじゃない?」を打ち消していくという内容となっている。

ニベアは、主に保湿クリームとして高い認知度を誇るが、それゆえのジレンマとして、実際の使用感とは異なる先入観が持たれているという状況にあった。この誤解を打破するために、知名度が高く、フレーズが印象的な名曲「違う、そうじゃない」を起用するアイデアが生まれたという。

Twitterの公式アカウント「ニベアキャンペーン情報」では、4月23日から5月31日までプレゼントキャンペーンも展開。アカウントをフォローしたうえで、ニベアの洗顔に対するイメージを選択肢から選んでツイートすると、先のウェブ動画が返信され、それを視聴することで応募が完了する仕組みとした。

キャンペーンのキービジュアル。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する