販売促進の専門メディア

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想

クルーズ客を集め、観光のハブに

白石壯一氏(DMOやつしろ 企画戦略課課長)

八代港の国際クルーズ拠点指定に伴い、外国人観光客の増加に湧く熊本県八代市。DMOやつしろは、住民参加型の観光地マーケティングによって、観光客の囲い込みを進めている。

国際クルーズ拠点に選ばれた八代港。2014年に1回だった寄港数は、17年に66回まで拡大

八代市民による観光応援隊「きびっと隊」。八代城跡お堀舟めぐりの船頭や、観光人力車の引き手として活躍している

熊本県で2番めに人口が多い八代市。農業が盛んで、大規模な工場も多数立地する「田園工業都市」がいま、熊本観光の新たな起点として存在感を高めている。

理由は外国籍の観光客の増加だ。八代港は2017年1月に「官民連携による国際クルーズ拠点」として選出。14年時点で年1回だった外国籍クルーズ船寄港は、17年には66回まで拡大した。2020年には八代港にクルーズ船専用の岸壁や旅客ターミナルが完成し、観光客のさらなる増加が見込まれる。

行政と連携して観光まちづくりを推進するDMOやつしろの白石壯一企画戦略課課長は、「八代市の観光地としてのポテンシャルは高い」と述べる …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想 の記事一覧

クルーズ客を集め、観光のハブに(この記事です)
無人コンビニをオフィスに提案 マイクロマーケットに潜む商機
VRでマネタイズ、体験を購買へ
訪日客の5%、「菜食市場」の商機
イノベーティブな北欧文化を発信
目指すは「IT時代の三河屋」 データ活用で野菜を配達

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する