販売促進の専門メディア

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想

無人コンビニをオフィスに提案 マイクロマーケットに潜む商機

久保 渓氏(600 代表取締役)

600は、オフィス内などのマイクロマーケットを狙ったキャッシュレス型無人コンビニ「600」を発売。購買データを活用し、導入オフィスの働き方改革や、メーカーのマーケティング支援にも取り組む。

キャッシュレス型無人コンビニ「600」。端末にクレジットカードを通せば、取り出した商品のRFIDタグを認識して料金が自動決済される

無人コンビニ「600」は600点の商品を陳列できる

コンビニ市場が飽和状態に近い状況で、より小さい商圏=マイクロマーケットを巡る競争が激化している。この領域で注目を集めるスタートアップが、ことし6月にキャッシュレス型無人コンビニ「600」を発表した600(ロッピャク)だ。この無人コンビニは冷蔵棚のような外観で、商品にはすべてRFIDタグが付けられている。専用端末にクレジットカードを通し、好きな商品を取り出すだけで、RFIDを認識して料金が自動決済される仕組みだ …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想 の記事一覧

無人コンビニをオフィスに提案 マイクロマーケットに潜む商機(この記事です)
VRでマネタイズ、体験を購買へ
訪日客の5%、「菜食市場」の商機
イノベーティブな北欧文化を発信
目指すは「IT時代の三河屋」 データ活用で野菜を配達
決済の進化で「ヒモのゆるい財布」をつかめ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する