販売促進の専門メディア

企画書に使える!今月のDATA

1カ月あたりの決済手段別比率は、依然「現金」が51.4%と半数以上

新しく発信される消費者の調査データの中から、編集部が注目した調査結果をお届けします。

クレジットカード大手ジェーシービーの調べでは、日本国内でのクレジットカード利用頻度はおよそ月に5回。昨今普及しつつあるFinTech(フィンテック、金融とITを結び付けて新たな価値を生み出すこと)は、消費者にどのような意識変化、行動変化をもたらすのか。「お金」に関する消費者意識を探る。

  • 調査手法:インターネットリサーチ
  • 調査時期:2016年9月30日~10月5日
  • 調査対象:16歳~69歳かつ銀行口座保有者かつスマートフォン所有者
  • 博報堂調べ

DATA1 カード決済の合計は約4割にとどまる

1カ月あたりの使用金額の決済手段別比率は、依然「現金」が51.4%と半数以上を占める。

「クレジットカード」21.6%、「ICカード」9.1%、「カードでのインターネット決済」8.5%、「デビットカード」1.6%で、「カード決済」の合計は …

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画書に使える!今月のDATA の記事一覧

1カ月あたりの決済手段別比率は、依然「現金」が51.4%と半数以上(この記事です)
『かご落ち』をふせぐにはユーザーへのリマインドが 効果的? ECサイトの「カートの意外な役割」とは
約6割が意味は知らないと回答 ファストファッションの認知度調査
ネット広告の実情 アドブロッカーについて、 約65%は「知らない・わからない」
子どもの約8割がオンライン動画を視聴
C to Cビジネスの課題 ぬぐえない消費者の後ろ向きなイメージ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する