販売促進の専門メディア

Monthly REC.

フラッシュ撮影すると「幽霊」が写りこむ? 1万3000人以上が体験した巨大広告

サンプリングができないなどの制約があるアルコール類。ハロウィンの時期に合わせて通行人に「やってみたい」と思わせる広告になっている。

サッポロビールは、10月10日から16日まで東京メトロ新宿駅のメトロプロムナードに巨大広告を掲出した。同社のリキュール(発泡性)製品、「麦とホップ」のプロモーションの一環。広告をスマートフォンでフラッシュ撮影すると肉眼では見えなかったゴーストやゾンビのビジュアルが写真に写りこむ仕掛けになっている。

フラッシュ撮影をするとゴーストが写りこむようになっている。

あと32%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Monthly REC. の記事一覧

ディーン・フジオカさんとツーショット ライオンの新商品の巨大広告
フラッシュ撮影すると「幽霊」が写りこむ? 1万3000人以上が体験した巨大広告(この記事です)
「デレステ」の周年プロモーション
出張マヨネーズ工場! 体験イベントで新たな食文化の創出
13万枚のシールで制作 アスタリフトのアート広告
約6000人が来場 子育て応援フェアで交流の場を提供
200年以上の伝統と歴史を訴求 ジムビームの巨大広告
来場者5000人 プロのアドバイスも受けられるメイクアップイベント
雑誌のコンテンツをリアルの場で体験 宝島社のブランド戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する