販売促進の専門メディア

検索ワードから考えるクロスMD施策

検索データとPOSデータとの統合分析

中村耕史(クックパッド トレンド調査室 ディレクター)

たべみるデータ概要/集計対象:クックパッドにユーザー登録をしている人の検索キーワード/データ期間:2009年1月1日~前日

    ■データを理解するうえでの用語解説

    ・季節指数:SI値の年間平均を100とした、集計期間における値。
     掲載ランキングデータのように季節感を把握する際に利用できる。

検索データとPOSデータの関係

過去2回の連載では“ニーズの実績”である検索データの特徴について解説した。今回は、検索データとほかのデータソースとの統合的な分析により得られることについてお伝えしたい。

例えば、POSデータと検索データを統合すると、購入から消費までのサイクルが短い葉物野菜は検索とPOSの連動性が高く、じゃがいもや玉ねぎのようなストック食材では連動があまり見られないといったことから…。

あと82%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

検索ワードから考えるクロスMD施策 の記事一覧

検索データとPOSデータとの統合分析(この記事です)
検索は「ニーズの実績」 どう提案に落としこむ?
モノとコト。「生活者の欲求」を両方おさえるには?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する