販売促進の専門メディア

           

Idea&Techniques

動画生成コンテンツで決意を表明せよ!石川遼選手を起用した「G-SHOCK」のプロモーション

カシオ計算機

「G-GENERATOR」トップ画面。「MAKE YOUR MOVIE」をクリックして、夢や目標など決意を3パターンから入力(10字以内)し、画像(5枚まで)をアップロードするとオリジナル動画を自動生成する。

カシオ計算機は、プロゴルファーの石川遼選手を起用した「G-SHOCK」プロモーションを展開している。2013年11月下旬からは、動画生成コンテンツ「G-GENERATOR」の無料配信を行っているほか12月には駅の大型モニターを活用した特殊なデジタルサイネージ広告を実施した。

「G-GENERATOR」では、特設サイトにてユーザーが自身の決意をテキストで入力し、その決意を表現する画像をアップロードすると、石川選手も登場する独自の動画が自動生成される。生成動画はSNSにて自身のコンテンツとしてシェアすることも可能だ。

また品川駅と新宿駅で実施したデジタルサイネージ広告では、モニターに人感センサーを搭載。人が通り過ぎるとその速度に合わせて石川選手がスイングをする仕組みにした。

あと47%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する