DESIGN/COPY/WEBクリエイティブの専門メディア

C-1グランプリ

副田高行さんと渡邊千佳さんが選んだ「実家に帰らなきゃ」と思えるコピー

プロ、アマ問わず競うコピーバトル、C-1グランプリ。今回審査にあたってくれたのは、なかなか実家へ帰らない渡邊千佳さん(電通)と、そのお父さん的存在、副田高行さん(副田デザイン制作所)。お二人が選んだコピーとは!?

(左)出題者 渡邊千佳 (電通)
(右)ゲスト 副田高行 (副田デザイン制作所)

出題テーマ「実家に帰らなきゃ」と思えるコピー

やはり多かった方向性は、田舎、家族…きもちに訴える、エモーショナルなもの。だからこそ光ったのは「ジーン…いいねぇ」と沁みる間もなく「そ、それは帰らなきゃ~」とふたりで眉間をおさえたもの。ひと笑いさせてから、家路に考えを巡らせる。小気味良いグランプリでした。

そして、出題でも書かせていただきました、どまんなかターゲットである渡邊が実家に追いたてられたか、否か、ですが。「実家に帰らなきゃ」コピーをみて悶々としているところに、偶然、実家ちかくの会社のお仕事をいただきました。(山梨の富士の麓という、ニッチなところに…)というわけで、来週には出張がてらの帰省です。意外な展開に縁があった果て、あの副田さんとこうして考えさせていただける奇跡のなか、またまたナナメ上な展開が。コピーの神様、ありがとうございます。(渡邊)


グランプリ

地元では、死んだことになっているらしい。

松本宏昭
(エン・ジャパン)

実体験をもとにしたコピーです。やはり「事実」から生まれるコピーは強いのですね。地元のみんな、グランプリ取ったぞ!おれ、生きてるぞ!

「地元」というものは噂好きで、火の無い煙が一瞬で広がるんですよねぇ。その感じでも愛おしくなる…。(渡邊)

なんと、そりゃ、たいへんだ。(副田)


準グランプリ 渡邊千佳賞

あなたが、ごはんを、おいしくする。

髙木守
(電通)

私撰は、わたくしコムスメがグッときたものを。情景が…米の湯気が …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

C-1グランプリ の記事一覧

副田高行さんと渡邊千佳さんが選んだ「実家に帰らなきゃ」と思えるコピー(この記事です)
中村直史さんと今永政雄さんが選んだ「離島にいきたくなるコピー」