広告マーケティングの専門メディア

           

広告ビジネスを変える!? ベンチャー企業の挑戦

整備済電子機器で、「リファービッシュ市場」を創造

Thomas Poulain氏(Back Market)

整備済のリユース商品のマーケットプレイスを運営

2014年にフランスで創業したBack Marketは、リファービッシュ製品(整備済製品)のグローバルマーケットプレイスを運営する新興企業だ。リファービッシュ製品とは中古品ではあるものの、専門業者が整備した状態で販売される製品で、同社では主にスマホを中心とした電子機器をリファービッシュして新品の3~7割程度の価格で提供している。

「これまでのテクノロジー製品はメーカーから消費者への一方通行の世界になっていて、そこから大量消費、大量生産、資源の枯渇、電子ゴミなど複数の社会課題が発生していた。これらの課題を解決するために事業をスタートさせたのがBack Marketだ。私たちは消費者が新品を購入することが第一の選択肢となっている現在の状況を変え、リファービッシュが新たな選択肢として加わった状況をつくりたいと考えている。その実現のためには、消費者に気づきを与えることが重要。それゆえメッセージ性が高い広告やコミュニケーションも展開している」と同社のトーマス・プーラン氏は述べる。

また同社では、こうした活動を通じて最終的には、循環型社会と修理しながら製品を使い続けることを通して人々をエンパワーすることを事業のゴールとして考えているのだという。現在、Back Marketは計18カ国の市場で事業を展開。700名以上の従業員と1000万以上の顧客を抱えている。

チャレンジャーをサポート フランスの文化的素地も影響

2021年の世界の電子機器市場規模は180兆円。そのうちリファービッシュ可能な電子機器の市場規模は150兆円と推察されるというが、「実際のリファービッシュ市場は12兆円にすぎない」のだと言う。この状況に伸びしろを感じ、リファービッシュという市場にチャレンジする先駆者としてこの市場を牽引してきたBack Market。

プーラン氏は、こうしたチャレンジをする企業が誕生した背景には、世界的なビックテックのようなリーダーとして確立している存在よりも、チャレンジャーをサポートする、フランスの文化的素地が影響しているのではないか、と指摘する。「ビックテック企業は毎年のように消費者が新商品に買い替えるという習慣をつくっており、その状態が長く続いている。我々はそこにチャレンジャーとして新製品ではないオルタネイティブな選択肢のひとつとしてリユースの市場を開拓していきたい」(プーラン氏)。

業界標準より高い基準で製品の品質を担保する

Back Marketではリファービッシュ製品の販売者と消費者の単なる橋渡し役ではなく、消費者が高品質な製品と購入体験を得ることができるように業界標準の確立、向上に務めようと考えているという。

「当社サイトで販売を希望する販売者に対して、厳格な審査プロセスを導入したり...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら
一覧

広告ビジネスを変える!? ベンチャー企業の挑戦 の記事一覧

整備済電子機器で、「リファービッシュ市場」を創造(この記事です)
メールの到達・開封率にこだわりマーケティング施策を改善
不正トラフィック対策で「GTM戦略」を支援する
世界で求められる体験価値向上の提案とは?
クラスターの子会社、クリエイターと企業をつなぐ事業を展開
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する