広告マーケティングの専門メディア

REPORT

MVVの謎を解き明かし、組織運営に生かすには?

「CMO CLUB FORUM」レポート

𠮷野家のCMOである田中安人氏がリーダーを務めた「CMO X VISION」のチームではMVVの謎を解き明かすという壮大なテーマに挑んだ。同氏考案の独自フレームワークをもとに進められた議論を通じて見えてきたこととは?

(左から)
𠮷野家CMO
グリッド CEO
(公)日本スポーツ協会 ブランド戦略委員会委員
田中安人氏


オークローンマーケティング
代表取締役副社長
青谷宣孝氏


オリックス
グループ戦略部門 テクノロジー統括部 戦略デジタルマーケティング 担当部長
尾澤恭子氏


スープストックトーキョー
代表取締役社長
松尾真継氏

※所属企業名はフォーラム開催当時のものです。

田中:私たちのチームでは「ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)」の謎を解き明かし、誰もが利用できて組織運営に活用できるような知見を得ることを目的に議論を重ねてきました。具体的には各社のMVVの活用方法、成功事例と失敗事例を共有しながら、その謎に迫ろうと考えました。

私は𠮷野家のCMOを務めていますが、個人としてビジョン経営を支援するグリッドという会社を経営し、そこで各社のMVVを整理し、浸透させるための方法論をメソッド化しているので、ここで使用しているフォーマットの一部【図1】を使いながら皆さんと議論を重ねてきました。まず青谷さんからオークローンマーケティングのMVVを紹介していただけますか。

図1 田中氏から提示されたMVVのフレームワーク

青谷:当社は「ショップジャパン」というテレビショッピング番組を企画・制作する通販事業を展開しています。そのステートメントは「明日を、もっと、ハッピーに!」で、ミッションは「世界中でより豊かなライフスタイルを実現する」。それを踏まえた、ワクワクできる未来の姿であるビジョンは「お客さまの理想の暮らしをかなえたい。お客さまをワクワクさせたい」であると考えました。

こうした未来を実現するため、私たちは世界中から魅力ある商品を探してくる発掘力、商品を広くお客さまにお伝えするためのテレビのようなメディアを開発する力。さらに、その商品がどうお客さまにとって、より豊かなライフスタイルを実現することになるのかを伝える、ストーリー制作力などを養ってきたと考えています。

そこでバリューは創造力、多様性、向上心、起業家精神、おもてなしの心の5つであると考えました。田中さんが作成したフォーマットに当てはめて考えてみると、日々の行動や組織文化など、実はすべてが一気通貫していたのだと実感しました。

田中:結果を出している組織は...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

市場創造こそがマーケティングの本質 石井淳蔵氏×音部大輔氏対談
働く人の意識変化に対して、マーケターができることとは?
MVVの謎を解き明かし、組織運営に生かすには?(この記事です)
お客さまが思わず話したくなる!「Share of Communication」を高める4社の戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する