広告マーケティングの専門メディア

REPORT

働く人の意識変化に対して、マーケターができることとは?

「CMO CLUB FORUM」レポート

コロナ禍を受け、人々のライフスタイルが大きく変化した時代。この変化に対して、企業はどのような提案ができるのだろうか。ローソンの大谷弘子氏がリーダーを務める「CMO X LIFESTYLE」チームが導き出した仮説とは?

(左から)
ローソン
執行役員 マーケティング 戦略本部副本部長 兼 商品本部副本部長
大谷 弘子氏


カルチュア・コンビニエンス・クラブ
蔦屋書店カンパニー 執行役員
久保田 佳也氏


グラニフ
代表取締役社長CEO
村田 昭彦氏


BRUNO
常務執行役員 マーケティング&セールス 本部長
星野 智則氏

大谷:私たちのチームは社会環境が成熟し、新たな成長がなかなか生み出しづらい今、ライフスタイルはどう変化していくのか。さらにその予測に基づき、これまでにない企業や個人の成長のあり方を考え、提言することを目的に議論を重ねてきました。1回目の議論では「今起きている」あるいは「起こりつつある変化」について、それぞれが考えることをまとめて持ち寄りました。

例えば、これまで食品・飲料の業界でマーケティングに携わってきた私からは食について「楽しむ味わう食事」と「時短・補給的食事(給油的)」の2つの嗜好が生まれており、それを「ひとりの人がうまく使い分けている」のではないかという仮説を提示しました。長く、小売りビジネスに携わってきた久保田さんはどんな変化を感じていますか。

久保田:私は前職では百貨店に勤めていましたが、かつてのようにマスでお客さまを集客し、その場に価値を見つけるブランドに集まっていただく世界から、お客さまが欲しいものを、欲しいように、欲しいところから選ぶ時代に変わってきています。そこで百貨店ビジネスでも上顧客、いわゆる外商顧客が注目されているのですが、マスではなくワントゥワンでつながる関係性が小売りにも求められているからだと思います。

大谷:村田さんは議論の中で「変わらないこと」として「家族や友人との関係を充実させるための消費」をあげていました。特にコロナ禍において、身近な人との関係性を重視する傾向はさらに強まった気がします。

村田:私がグラニフにジョインしたのは約1年前ですが、その時に市場動向をリサーチし、どのマーケットにアプローチするかの戦略を立てました。当時、出てきた価値観として「安心・安全志向」「健康志向」「節約志向」「サステナブル志向」「地元志向」などがありました。もうひとつが、家族など身近な人とのつながりを重視していく志向で、これらはコロナの影響もあって今、顕著に出てきている傾向だと思います。

こうした価値観の中で...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

市場創造こそがマーケティングの本質 石井淳蔵氏×音部大輔氏対談
働く人の意識変化に対して、マーケターができることとは?(この記事です)
MVVの謎を解き明かし、組織運営に生かすには?
お客さまが思わず話したくなる!「Share of Communication」を高める4社の戦略

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する