広告マーケティングの専門メディア

社会学の視点

YOASOBIにみるネット空間のナラティブと共創

遠藤 薫氏(学習院大学)

「よみ人知らず」の物語が 誰でもない人のうたを生み出す

音楽がいいとドラマや映画は心に刺さる。ドラマや映画がいいと音楽が心にしみる。たとえば、LiSAの「炎」はもとより、miletの「inside you」とか、Uruの「Love Song」とか、ミスチルの「HANABI」なんかは、ドラマの余韻に音楽が重なって、鳥肌が立つように心が震えた。音楽に物語のエッセンスが凝縮され、物語が音楽の向こう側にあるものを具体的に表現する。相乗効果である。でも、それだけだろうか?

第59回「宣伝会議賞」のイメージキャラクターは、「小説を音楽にする」プロジェクトから誕生した音楽ユニットYOASOBIである。デビュー曲「夜に駆ける」は、「monogatary.com」に投稿された小説『タナトスの誘惑』を原作としている。歌い出しから静かなのに強い印象で迫ってくる。

「小説を音楽にする」というコンセプトは、ドラマや映画の主題歌に似ている面と違う面がある。物語空間と音楽空間が共振することで感動を深くするという意味では、両者はほぼ共通する。YOASOBIのうたは小説の主題歌といってもいい。

一方、ドラマや映画はプロたちによって多くの人に受け容れられるよう丹念に作り込まれた「作品」であるのに対して、小説サイトに投稿されてくる物語は...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社会学の視点 の記事一覧

YOASOBIにみるネット空間のナラティブと共創(この記事です)
闘うヒロインには、眉がない!?
アテンションエコノミー時代の映画のネタバレと認知効果
THE FIRST TAKEのアウラ
なぜ『鬼滅の刃』は世界の心に刺さったのか
「恋のマイアヒ」に見る、しぶといネット時代のミーム

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する