広告マーケティングの専門メディア

サブスクリプションモデルのマーケティング

遊びながら学べる 知育玩具を通じて『原体験』を創出

トラーナ

トラーナが提供する「トイサブ!」「トイサブ!プラス」は、性別、月齢、嗜好性に合わせて上質な知育玩具を届ける定額制キュレーションサービス。玩具のサブスクの先駆者である同社 代表取締役の志田典道氏が考える、同サービスが目指す未来とは。

    トイサブ!/トイサブ!プラス(2015/2018~)

  • 「トイサブ!」は0~3歳向け知育玩具、「トイサブ!プラス」は4~8歳向けSTEM+E教育玩具の定額制キュレーションサービス。
  • 玩具は、ベビートイ・インストラクターの有資格者が選定。
  • 月額3240円。15000円相当の玩具を、隔月で交換。

専門家が選んだ知育玩具を手ごろな価格で試せる

トラーナが展開している玩具のサブスクリプションサービス、「トイサブ!」「トイサブ!プラス」。その最大の特徴は、日本知育玩具協会による認定資格"ベビートイ・インストラクター"が月齢や家庭環境を考慮しながら吟味した知育玩具が、隔月で届くという点だ。

「子どもが生まれ、いざ玩具を買いに行こうと思い立って調べてみたら、昔ながらの玩具専門店は街からなくなり、大型店の売り場に並んでいるのは往年のキャラクターの玩具が中心。異なるアプローチの玩具を探したところ、知育玩具に行きついた」。同社 代表取締役の志田典道氏はこのように語った。

しかし、知育玩具は大型店でさえ取り扱いが少なく、専門店に行ってみても高価格なうえ試すことができない。不便さを感じていた志田氏は「気軽に知育玩具を試せるサービス」として「トイサブ!」を立ち上げた。

0~3歳向けの知育玩具を扱う一方、2018年からは4~8歳向けの教育玩具をレンタルする「トイサブ!プラス」を開始している。

「世界的にもSTEM教育(理科・技術・工学・数学の4分野における教育)が重要視される中で、理数教育における"原体験"が必要だと考えた」と志田氏は「トイサブ!プラス」に込めた想いを語る …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

サブスクリプションモデルのマーケティング の記事一覧

サブスクリプションモデルの価格戦略 3C分析によるアプローチが有効
厳選された日本茶をワンコインで 生産者のストーリーとともに味わう
遊びながら学べる 知育玩具を通じて『原体験』を創出(この記事です)
好みに合わせた『プチご褒美』が届く!「snaq.me」が目指す、新しいおやつの形
「ルンバ」を月額1200円で利用できる アイロボットがサブスクを始める理由

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する