広告マーケティングの専門メディア

South By Southwest 2018 + シリコンヒルズ企業視察レポート

アイデアを試す場 スタートアップと大企業肩並べ─SXSWレポート

test

トレードショーは企業がクリエイティブなアイデアやプロトタイプを持ち寄る文字通りの商談会で、SXSWのなかでも規模の大きいプログラムだ。日本からは今年、30団体以上がブースを構えた。新規出展も多く、ジェトロの公募などによるスタートアップが複数参加した一方、大手企業の展示も目立った。

コンセプトやプロトタイプへのフィードバックを求めて

今年、初出展した三菱電機のデザイン研究所未来イノベーションセンターは2015年の設立以後、2016年よりボストンにある工科大学とともに高齢社会と食をテーマに研究を進めている。デザイン思考により創出したアイデアは、高齢者の孤独感を解消するキッチン体験。「ものをつくりきる前に世に問いたい」と、コンセプト段階で参加可能なSXSWに目を付けた。

単身高齢者が料理のチュートリアルを受けられるサービスのプロトタイプを来場者に体験してもらい、フィードバックを集める。同センター研究員の西山未央氏は、「コンセプトをテストし、検証することが参加の目的」と話す。

ヤマハが持ち込んだのは、人工知能合奏技術。AIが人の演奏をリアルタイムに解析し、連携する自動演奏ピアノがその人の弾き方に合わせ合奏してくれる仕組みだ。今回の出展に際し、博報堂アイ・スタジオと共同でAIの「気配」を感じてもらえるよう視覚化し、「共演」を体験できるインスタレーションにした。

これまでプロの演奏家やオーケストラとの共演の実績はあった。単なるシステムではなく、音楽の可能性を広げるパートナーとして、一般の演奏者にどのように楽しんでもらうか。探る機会としてSXSWへの出展を選んだ。マーケティング戦略を担当する新竹美奈子氏は、「プロトタイプやビジョンを発信して、フィードバックをもらえるチャンス」と意気込む …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

South By Southwest 2018 + シリコンヒルズ企業視察レポート の記事一覧

「デザインは、文化」巨大組織の変革を推進─IBM Design
AR/VR活用で、広告は消費者に経験を提供する存在に
多文化社会に生まれた専門マーケティング会社、LatinWorks
オースティンから世界へ、急成長する地元エージェンシー PREACHER
スモールエージェンシー・オブ・ザ・イヤー受賞、Greatest Common Factoryの働き方
SXSWにある、未来のビジネスをつくるきっかけ
アイデアを試す場 スタートアップと大企業肩並べ─SXSWレポート(この記事です)
SXSWインタラクティブ部門カンファレンスレポート

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する