広告マーケティングの専門メディア

マーケターのための事業構想

IoTによってもたらされる未来

岸波宗洋(事業構想大学院大学 事業構想研究所 所長 教授)

産業構造の変化が求められる21世紀には、広告の世界にもパラダイムシフトが求められる。あらゆること・ものをオンライン化するIoTは、生活とマーケティングが融合された「広告ではないマーケティング世界」を広げる。

IoTとともにあるマーケティングの実例。特殊なキット(センサーやウェアラブル機器)を家の各所に取り付け、スマートフォンから家の照明やドア、電源等を操作できる「SmartThings」(写真左)。
スマートフォンのイヤホンジャックに差し込むと体温計になる「Kinsa」(写真右)。

IoT(Internet of Things)は、あらゆること・ものがオンライン化されることを意味する。現代に生きる我々は、携帯電話やPCによって、さまざまな情報をインプット・アウトプットしているが、その接続性は制約的・限局的といえる。本来的な情報便益は、情動コンピューティングを踏まえ、必要なときに必要な情報を直感的にインプット・アウトプットできることが望ましく、一方で現在のデバイスでは、我々の生活価値に高度な優位性を持たない(通信帯域、インターフェイスなど諸問題による)。

インターネットとの親和性が早急に求められるモビリティやホームエレクトロニクスなど、優位性・期待可能性が高い分野は数多ある。それらが …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのための事業構想 の記事一覧

IoTによってもたらされる未来(この記事です)
地方創生マーケティングの実例で見る事業構想

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する