広告マーケティングの専門メディア

電通デザイントーク 中継シリーズ

川田十夢×齋藤精一×澤本嘉光対談 広告はどこまで「拡張」できるのか?

川田十夢×齋藤精一×澤本嘉光

2005年から電通が開催してきたトークイベント「電通デザイントーク」の書籍化第2弾を記念し、書籍内に登場するトルクの川田十夢氏、ライゾマティクスの齋藤精一氏、電通の澤本嘉光氏の3名によるトークショーが行われた。技術は、どう広告コミュニケーションを拡張していくのか。様々なアイデアが展開された。

僕たちが拡張しているもの

澤本▶ 今日のキーワードは「拡張」です。齋藤さんと川田さんは、いろんなことを拡張されていますよね。

齋藤▶ ライゾマティクスは、アートとコマーシャル(クライアントワーク)の2つの軸をループさせていくビジネスモデルです。大学との共同研究や企業との商品開発もしています。最近は、R&Dの過程自体を広告として出していくJINSの新しいアイウェア「JINS MEME」のような …

あと87%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

電通デザイントーク 中継シリーズ の記事一覧

川田十夢×齋藤精一×澤本嘉光対談 広告はどこまで「拡張」できるのか?(この記事です)
新規事業開発に街づくり 上流からアウトプットまで手掛ける人の仕事術
高城剛×田端信太郎「世界を俯瞰する視点で捉えた 広告・身体・メディアの次の姿」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する