広告マーケティングの専門メディア

ニュースから見る広告の近未来

アクセンチュアがデザイン会社買収、デジタルマーケティングに進出

織田浩一

ニュースのポイント:2017年までにCMOがITに使う金額はCIOを超えるというのはガートナーの有名な調査予測。 マーケティングはますますテクノロジー主体になっていく。

アクセンチュア、デザイン会社買収
デジタルマーケティングに進出

アクセンチュアは、BMW等の大手広告主向けデジタルマーケティングビジネス増強のため、ロンドンに本社があるデザイン会社、Fjordを買収した。Fjordの 主なクライアントはBBC、Citibank、Harvard Medical School、Nokiaなどで、この買収により同社はグローバルかつ包括的なサービス提供が可能となる。

アクセンチュアは、2009年にはP&Gへのサービス提供のためにアクセンチュアインタラクティブを設立。2012年にはデジタルプロダクションサービス企業であるAvVentaを 買収するなど、マーケティング部門幹部との接触を深めている。

一方、マーケティングエージェンシーは、ITソリューションやデータ管理分野に進出している。PublicisグループのRazorfishはテクノロジープラットフォームを提供するFluentを 昨年よりリリース、WPPのFabricも 似たようなサービスを展開している。

■ソース:「アドエイジ」5月7日 Agencies, Look Out: Accenture's invading Your Turf In a Bigger Way Than Ever

世界10カ国のCMOの認識
テクノロジー採用しないと失敗する

アクセンチュアインタラクティブは、10カ国400名以上のシニアマーケターを対象に「Turbulence for the CMO」という調査を行った。それによれば、10人に4人のCMOが自社のマーケティング目標を達成するためのデジタル戦略準備ができていないと回答。65%が、個々の顧客に適切な広告体験を提供することがマーケティング戦略に最も長期的なインパクトを与えると考えているが、その成功はデジタル技術の駆使にかかっていると回答した。

また調査により、消費者の要求を満たしマーケットで成長するためには以下の4つのステップが重要であることが判明。(1)マーケティング部門のみならず、R&D、セールス、製造部門などを巻き込んだ根本的なマーケティング体験の改変、(2)デジタルテクノロジーの幅広い採用、(3)パートナーの選択、(4)分析やデ ジタルマーケティング人材への投資を行い、消費者の心と 財布をつかむこと。

■ソース:「アドエイジ」5月8日 CMOs Must Fully Embrace New Technology, or Fail, And They Know it

Digitasがツール発表
YouTubeの潜在スターを発見する

オンラインディスプレー・ビデオ広告の年間予約交渉イベントNewFrontに おいて、PublicisのDigitasとベンチャー企業のOutriggerは、YouTube上 の潜在スターを発掘する「Emerging Talent Tracker」という新しいツールを発表した。Outriggerの分析プラットフォーム「OpenSlate」は、YouTube上の5万チャネル、2500万件のビデオをトラッキングし、オーディエンスとのエンゲージメント度合いや新コンテンツ掲載頻度等をベースに採点を行う。Digitasはこのアルゴリズムを利用し、ブレイク前から潜在スターとの長期的な関係を構築する。

「ブレイクする可能性のあるタレントの発掘は、新規投資先を検討しているブランドにとって強力な機会となる」とDigitas。Outriggerは「新興スターをおさえれば、彼らのオーディエンス構築に伴い、アーンドメディア価値やターゲット視聴者との信頼を得ることができる」とコメントしている。

■ソース:「アドエイジ」5月2日 Digitas Unveils Tool to Find YouTube Stars Before They're Stars

2017年におけるFacebook人口 最多国はインドに

eMarketerの予測によれば、ブラジル、ロシア、インド等の新興マーケットの台頭により、Facebookユーザー数は2017年には18億人に達する。

今年のユーザー数の伸びは、北米が3.6%と予測されているのに対し、アジア太平洋では34.4%、ラテンアメリカでは29.5%、中東アフリカでは31.8%、中央および東ヨーロッパでは29.3% という予測。ブラジルで2017年までに今年の6900万人から1億390万人にまでFacebook人口が増加すると予測され、Facebookがブラジルでのビジネスを加速させているのもうなずける。

また2017年までのFacebook人口は、アジア太平洋で6.16億 人、中東アフリカで3億1890万人、北米で1億8050万人、西ヨーロッパで1億8270万人。最もFacebook人口が多い国はインドで、2億7780万人に達する見込みだ。さらに、その人口は2014年 には12.7億人に達するという。

■ソース:「アドエイジ」5月9日 By 2017, India To Boast The Most Facebook Users... By Far

スターバックスとBuzzFeed
リアクションカメラで顔写真アニメーションを表示

ユーザーがソーシャルメディア上で共有したくなるようなコンテンツを集めたサイトであるBuzzFeedは、スターバックスがスポンサーするポストの下に「リアクションカメラ」ボタンを設置した。

ポストに反応した最新9名の訪問者の顔を3秒のアニメーションGIF画像で作成、ポストの下に配置するというもの。現状はPCでのみ画像作成が可能で、6月24日まで行われる。

BuzzFeedは、すでに「LOL(爆笑)」「WTF(怒・驚)」などのポストへの感情を投稿するリアクションボタンを導入しているが、「最も人間らしい感情のコミュニケーション手段は顔である」との考えから、この「リアクションカメラ」 の開発をBuzzFeed Labにて開始した。

スターバックスとその代理店であるPHDに働きかけ、今回の共同プロジェクトが実現した。2社がコラボするのはこれが初めて。

■ソース:「アドエイジ」5月8日 Starbucks, Buzzfeed Introduce Reaction-Cam to Create Animated GIFs of Your Face

各ブランドがTumblrの有料広告化を開始

各ブランドがTumblrのマーケティング利用を開始した。例えば、スポーツウェアのChamps Sportsは、NBAのプレイオフTV広告にてTumblrアドレスを表示。Tumblrを利用して高校生、スポーツ選手をターゲットにデジタル広告も表示する予定。CalvinKleinはディスプレイ広告にTumblrボタンを表示。NYの イベントマーケターである92Yは、今夏のカタログにTumblrアドレスを初めて掲載した。

昨冬、YCombinatorのパートナーであるTan氏は「13才から25才の若者の傾向として、Tumblrを常に利用する割合が59%であり、Facebookの54%を上回っている」という調査結果を発表。Tumblrはモバイル広告サービスを開始したが、Adidas Neoのソーシャルメディアを運営するhappyluckyのデジタルコンテンツ統 括は、「若者をターゲットとするマーケターはTumblrのモバイル広告に専念しておくだろう」とコメントしている。

■ソース:「アドウィーク」5月6日 Brands Are Giving Precious Ad Real Estate to Tumblr Like Facebook a Few Years Ago

織田浩一(おりた・こういち)氏

デジタルメディアストラテジーズ社代表、アドイノベーター編集長。米シアトルを拠点とし、欧米の新広告手法・メディアテクノロジー・IT調査・コンサルティングサービスを日本大手広告会社、WEB制作会社、総研などに提供。広告・メディア業界におけるR&D業務のサポートを行っている。オンライン、オフライン広告の近未来に関するブログ、メルマガを下記のアドレスにて公開している。 http://www.adinnovator.com

ニュースから見る広告の近未来 の記事一覧

アクセンチュアがデザイン会社買収、デジタルマーケティングに進出(この記事です)
FBがNews Feedで広告ターゲティング開始

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する