広告マーケティングの専門メディア

新感覚宣伝部長

BtoC商品のシェアトップとBtoB領域における企業イメージ向上を両立

キヤノンマーケティングジャパン コミュニケーション本部 中村 博

中村氏が現職に就任したのは今年1月。グループの総合展示会「キヤノンエキスポ」など全社イベントを管轄する部門と宣伝制作部門を統合した「宣伝企画部」が新設されたタイミングだった。キヤノン販売(現・キヤノンMJ)への入社後は、半導体製造機器を扱う部門に配属。2001年にコミュニケーション部門に異動、ブランドマネジメントのガイドライン策定に参画してから、メディアプランニングやイベントプランニングなど、コミュニケーション関連業務に携わってきた。

175-02.jpg

「ターゲットインサイトを起点に、メッセージを効率良く届けるためのチャネル選択と、心を効果的に動かすためのクリエイティブを並行して考える。宣伝企画部は、コミュニケーション戦略全体を語れる "ストーリーテラーの集団"になりたい」と話す。

現在は、競争が激化しているデジタルフォト領域でのプレゼンスを高めるべく、「カメラ」や「プリンター」のシェアトップを実現するプロモーションを強化している。

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する