日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ユーザー視点で見直す コーポレートサイト

社員のストーリーで事業を伝える、日本紙パルプ商事のコーポレートサイト

日本紙パルプ商事

170年以上の歴史を持ち、21の国と地域で事業を行う紙の専門商社、日本紙パルプ商事。紙業界の枠を超えたグループの総合力をコーポレートサイトでいかに表現しているのか。

PCサイト

POINT❹
強みの発信、英語ページでも

「循環型社会の構築は、紙を扱う企業の使命である」と発信しているページ。英語ページの内容は日本語ページの直訳ではなく、海外の方が見た際により理解しやすい文章になるよう工夫している。「翻訳は外部委託先やAI翻訳も活用しながら、ネイティブ社員が目を通し、表現のブレを防いでいます」(柳澤氏)。

DATA
URL https://www.kamipa.co.jp
運用体制 広報課が担当。オウンドメディア「Kamipa LOOP」については外部ライターと共に制作。採用情報は人事部が担う。
リニューアル年 2017年にフルリニューアル。その後も段階的に改修
CMS WordPress
外部パートナー(企業名/委託内容) クライマークス/サイト企画・構築

「求める情報にすぐたどり着く使いやすいサイトにしたい」。

こうした問題意識から、日本紙パルプ商事の広報課がコーポレートサイトのリニューアルを行ったのは2017年のこと。

社名で検索してきたユーザー(特に既存取引先、投資家、求職者)に、求めている情報を正しく分かりやすく伝えるため情報構造を整理した。

「同業他社との差別化を図るため...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ユーザー視点で見直す コーポレートサイト の記事一覧

ウィズコロナ時代の「コーポレートサイト」はどう変化?(2)
ウィズコロナ時代の「コーポレートサイト」はどう変化?(1)
社員のストーリーで事業を伝える、日本紙パルプ商事のコーポレートサイト(この記事です)
村田製作所、カタログでは伝わらないストーリーをウェブで

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する