日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ユーザー視点で見直す コーポレートサイト

ウィズコロナ時代の「コーポレートサイト」はどう変化?(2)

小林佳生(ソニーネットワークコミュニケーションズ)

コロナ禍でリアルな接点が減った今、「コーポレートサイト」の役割はどう変化し、企業はどのような発信をしていくべきなのか。サイト企画・制作のエキスパートであり、特集「ユーザー視点で見直す コーポレートサイト」のスポンサー企業が解説する。

    INTERVIEW/ソニーネットワーク コミュニケーションズ 法人サービス事業部 事業推進部 マーケティング課 課長 小林佳生

メディア化が進むコーポレートサイト
企業戦略ツールとしての活用強化

──企業におけるコーポレートサイトの役割はどのように変化していますか?

コロナ禍で非対面のコミュニケーションが重視されるようになり、これまでは単に会社情報を掲載しておくだけになっていたところから、企業のあらゆるステークホルダーとのコミュニケーションにおける戦略的ツールとして位置づけるようになってきていると思います。そこでいかにしてターゲットと接触を図り、自社の魅力を伝えるかが重視されるようになってきており、(オウンド)メディア化を強化していきたいという相談が対面での営業を主としていたBtoBのお客さまを中心に増えています。

ただ、新たにメディア化に取り組む際、「ターゲットが興味のあるところで、自社の魅力をどんな内容でどう伝えるか」を...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ユーザー視点で見直す コーポレートサイト の記事一覧

ウィズコロナ時代の「コーポレートサイト」はどう変化?(2)(この記事です)
ウィズコロナ時代の「コーポレートサイト」はどう変化?(1)
社員のストーリーで事業を伝える、日本紙パルプ商事のコーポレートサイト
村田製作所、カタログでは伝わらないストーリーをウェブで

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する