日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

新年度の今こそリスク対策強化を!

記者会見での身だしなみは会社のイメージに直結

山口明雄(アクセスイースト 代表取締役)

危機管理&メディア対応 新・ハンドブック』の著者で、国内外でメディアトレーニングの講師を務めてきた山口明雄氏が、初心者のための「危機管理広報のいろは」を解説する。

    Q. 記者会見では、身だしなみが批判の的になることがあります。メディアの前に出る際に、「見た目」の面で気をつけるべきことを教えてください。

    A. 高価に見えるものや奇抜な服を身につけると、マイナスイメージの醸成につながります。

身だしなみなどの「見た目」は、記者会見の準備の中で軽視されがちですが、時には物議を醸すことがあります。

例えば2016年11月8日に発生したJR博多駅(福岡市)前での大規模な道路陥没事故。福岡市長の高島宗一郎氏はこのとき、黒色×赤色の目を引くデザインの防災服を着て何度も記者会見を行いました。この時の会見の「身だしなみ」については、メディアトレーニングの受講者から多くの質問を受けます。

「自社の関連工場で火災が発生し緊急会見を実施することになった場合、どんな服装がいいですか?福岡市長みたいに防災服を着るべきですか?ちょっと目立ちすぎという気もします」といったものです …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

新年度の今こそリスク対策強化を! の記事一覧

記者会見での身だしなみは会社のイメージに直結(この記事です)
日大選手の会見に学ぶ、記者会見までに準備すべきこと
メディアトレーニングは適切な報道対応を学ぶ場
自社の商品に異物混入! 緊急記者会見のポイントは
自社で不祥事が発覚! 広報が頼れるマニュアルとは
新時代の危機管理広報は 全従業員に周知徹底せよ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する