日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

新年度の今こそリスク対策強化を!

メディアトレーニングは適切な報道対応を学ぶ場

山口明雄(アクセスイースト 代表取締役)

新刊『危機管理&メディア対応 新・ハンドブック』の著者で、国内外でメディアトレーニングの講師を務めてきた山口明雄氏が、初心者のための「危機管理広報のいろは」を解説する。

    Q. わが社では、メディアトレーニングを行ったことがありません。「クライシスが発生してからでは遅い」と思ってはいるのですが、社内にその必要性を説明できていない状況です。具体的な内容や得られる成果を教えてください。

    A. メディア対応の基本と実践を学ぶものです。信用や価値を担保するためには必須です。

メディアトレーニングの目的は、メディア対応に伴う社会的責任をしっかりと認識し、メディア報道の特性を十分に知ったうえでの対応力を身につけることです。

対応者の発言に嘘やごまかしの疑いがかかると、メディアはしつこく取材を続けます。発言を覆す事実が発掘されると報道は過熱し、さらに社会が受け入れがたい発言があれば、全メディアをあげての批判が始まります。その結果、対応者個人だけではなく、所属する会社や組織の信用と価値を地に落としてしまいます。

そんな事例は、いま現在、いくつも進行中です。「破局を招かないための事前訓練」がメディアトレーニングの目的なのです …

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

新年度の今こそリスク対策強化を! の記事一覧

メディアトレーニングは適切な報道対応を学ぶ場(この記事です)
自社の商品に異物混入! 緊急記者会見のポイントは
自社で不祥事が発覚! 広報が頼れるマニュアルとは
新時代の危機管理広報は 全従業員に周知徹底せよ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する