販売促進の専門メディア

           

キャラクターIPタイアップ好事例

スカイツリーだからこそのキャラクターコラボ 過去最高の売上推移を記録する企画の裏側

東京 スカイツリー®×「ちいかわ」

2023年10月から開催されている「ちいかわ」と東京スカイツリーのコラボイベント「ちいかわ☆星ふるスカイツリー®」。世界一の高さゆえの眺望の良さやカフェ、ライティングなどの強みを活かした本企画について、東武タワースカイツリーの山田 央氏に話を聞いた。

「ちいかわ」は、2020年からX(旧Twitter)で漫画連載を開始した人気の作品だ。イラストレーター・ナガノが手掛けた本作品は、フジテレビ系列『めざましテレビ』内でアニメが放映されるなど、人気を博している。

スカイツリーならではの8つのコンテンツを提供

そんな「ちいかわ」と東京スカイツリーのコラボイベント「ちいかわ☆星ふるスカイツリー®」が2023年10月から開始している。注目すべきはその施策の多さ。展望台だけで6つ、特別ライティングや館内スタンプラリーも合わせると来場者は8つのコンテンツを楽しむことができる。「キャラクターコラボに注力し始めたのは約8年前からです。その時から、スカイツリーから見える『景色』以外の新しい価値を創出することを意識しています」と話すのは東武タワースカイツリー 観光営業部の山田 央氏。

展望台の展示・特別上映

©nagano / chiikawa committee ©TOKYO-SKYTREE

展望台内では7つのスポットに展示やフォトスポットを設置。そのほか、展望フロアの窓のパノラマスクリーンでは「ちいかわ」アニメ第1~5話を上映(2枚目)。夜景とともに作品を楽しむことができる。

スカイツリーといえば、世界一の634mの高さによる眺望の良さを思い浮かべる人も多いだろう。しかし展望台にあるカフェやグッズショップ、複合商業施設「東京ソラマチ」など、景色以外の魅力もある。そこで本施策では、館内全体を使って、展望台内の展示装飾やフォトスポットも設置。「SKYTREE CAFE」でのコラボメニューの提供、オリジナルグッズ販売や地上350mの窓に設置されたパノラマスクリーンでのアニメ上映も実施した。

加えて、「ちいかわ」内のキャラクターたちと写真撮影ができるフォトサービスや特別グリーティングも行った。また、前述したようなスタンプラリーのポイントを「東京ソラマチ」内にも設置することで、施設全体を活用した体験を提供できたのだという。

コラボメニュー

©nagano / chiikawa committee ©TOKYO-SKYTREE

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

キャラクターIPタイアップ好事例 の記事一覧

IPホルダーはどんな企業・ブランドと組みたいのか 担当者が明かす、「コラボしたくなる」3つの鍵
ゲームの力で、サービスへの定着を生む いま、最注目の手法「ゲーミフィケーション」とは何か
ティザー告知でファンを盛り上げる 店舗での会話を生み出すコラボの仕掛けとは
スカイツリーだからこそのキャラクターコラボ 過去最高の売上推移を記録する企画の裏側(この記事です)
コアファンの期待を超えるパッケージ 新規層に商品をリピートしてもらう工夫とは
オリジナル楽曲を軸に施策を展開 キャラとの親和性を最大限に活かすために

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する