販売促進の専門メディア

           

Idea&Techniques

『走れメロス』を和菓子で表現 通常商品の約2倍の反響が

Wunderman Thompson Tokyo

クリエイティブカンパニーの Wunderman Thompson Tokyo は、1803年創業の京菓子司「亀屋良長」と共同で、誰もが知る名作文学を創業220年の技で和菓子にした「文菓子」を開発。

そのシリーズ第1弾は、太宰治の代表作である『走れメロス』を題材とし、読書推進行事が集中する「読書週間」が始まる10月27日から販売をスタートした。

公式オンラインショップでは同月23日から予約開始。「文菓子」は、和菓子の魅力に触れる機会が少なくなっている現代で、若者を中心とする多くの人に和菓子のおいしさや表現力の豊かさを知ってもらいたいと開発された、新しいコンセプトの商品。

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する