販売促進の専門メディア

価格競争に巻き込まれ埋もれてしまう ECからの脱却

「データ」という根拠を基に 顧客のニーズを捉えて、活用する

西尾宗哲氏、平塚 大氏(Nint)

ECは実店舗と違い、様々なデータを収集・活用することができる。では、成功しているECはどのようにデータを活用しているのだろうか。

ECは2極化している

──成功するECの共通点はなんでしょうか?

西尾:EC事業を拡大・成功に導くには、データの活用は欠かせないと思います。月商1000万円を超えない規模であれば、少人数で、これまでの経験だけでやっていけるかもしれませんが、1000万円以上の売上を目指すフェーズになれば、扱う商品数や情報、関わる担当者も増え、経験や自社データだけではカバーしきれなくなります。特に変化が非常に激しい昨今は、データ活用は必須といえるでしょう。

平塚:成功しているEC企業を見ると、データを活用し、商品を横に積むか、縦に積むかの2極化していると思います。横に積むというのは、ECの商品が無制限に出品できるという点を活かした取り扱い商品の拡張です。特にコロナ禍では、トレンドが大きく変化したので、その変化に対応し、いろいろなジャンルを分析して、需要の高い市場へ参入する。これが実際に、素早く対応できたECショップは成長しています。

また、縦に積むというのは...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

価格競争に巻き込まれ埋もれてしまう ECからの脱却 の記事一覧

「データ」という根拠を基に 顧客のニーズを捉えて、活用する(この記事です)
マーケティングの理解が最も重要 Z、アルファ世代も意識した取り組みを
手軽に始められるからこそ「世界観」をつくることが最も重要
飲食店と消費者が欲しいお酒は違う 業務用酒販店が高級酒専門ECをオープン
常にお客さまの声に耳を傾け続け、デジタルでもポーラらしい「人肌」感じる接客を提供

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する