販売促進の専門メディア

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想

家業を再定義、「DIY」で躍進

山田岳人氏(大都)

義父から跡を継ぐことを請われ、老舗の金物工具商社「大都」に入社した山田岳人社長。当初、その仕事に後ろ向きだったが、自社に「ある」ものに目を向けた時、別の可能性が見えてきた。そして、DIYを軸に、数々の新規事業を生み出している。

大都はいま、DIYツールを販売するECサイトや、工具の使い方を教える教室「DIYファクトリー」を展開している

2018年には、オリジナル家具を開発・販売する事業「DIYファクトリーファニチャー」をスタート

山田岳人社長が工具商社の大都(大阪市)に入社したのは1998年。その理由は、妻との結婚を申し出た際、1937年から続く同社を経営する義父から提示された条件が「跡を継ぐこと」だったからだ。それまでリクルートに勤めていた山田社長は、「まったく勝手のわからない」工具商社業界に飛び込むことになった。

しかし、不景気で売り上げが減少。泥沼の状況に陥った2006年、やむにやまれず「問屋業のままでは廃業せざるを得ない」と義父に伝えた。義父からの答えは、「自分の好きなようにやっていい」 …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想 の記事一覧

家業を再定義、「DIY」で躍進(この記事です)
日本で一番、「小屋」を売る会社
IoTがホテルの未来を変える
革新性で世界のスターを魅了
2030年に食品ロスを半減へ 構想への「共感」が販促を後押し
「日本の強み」はAIで活きる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する