販売促進の専門メディア

PROMOTION PARTNER

メルカリの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

メルカリ

フリマアプリ「メルカリ」は、2013年7月のサービス開始以来利用者を広げ、昨年3月末時点で世界合計1億800万ダウンロードを達成した。国内のMAU数は1200万人超。認知度は非常に高いが、取り引きされている商品を知らない人はまだ少なくない。昨年12月には北海道と名古屋で新聞折り込みチラシを実施、19年1月には新聞広告を展開した。メルカリの「中」を表現し、潜在的顧客層に関心を持ってもらうための施策だ。

今後もサービス内容を訴求しながら、思わず話題にしたくなる施策や、シニア層をはじめ潜在的顧客層向けの施策など、オフライン施策に注力する予定。

2018年12月、スーパーマーケットや家電量販店風の「新聞折り込みチラシ」を制作。北海道と名古屋エリアをテストエリアとして配布した。1月には3枚つなげるとメルカリの『M』の字が浮かび上がる仕掛けの新聞広告も出稿し、話題となった …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PROMOTION PARTNER の記事一覧

メルカリの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」(この記事です)
LOHACO(アスクル)の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」
王子ネピアの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」
オタフクソースの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」
ambieの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」
キングジムの販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する