販売促進の専門メディア

販促NOW ツール編

「こだわりの一品」を整然と陳列する

向坂文宏(桜美林大学専任講師/ストア・コミュニケーション・プランナー)

リアル店舗の役割が商品確認の場としてますます重要視されている今、展示商品の演出や、商品へ触れさせるための仕掛けなどに力を入れている店頭ツールをよく見かける。見応えのある構造や電飾などのギミックを用いて店頭を華やかに飾っているが、設置やメンテナンスの手間の増加など、売り場の負荷を増やしてはいないだろうか。今回は、商品のアピールと売り場の手間の軽減を同時に果たしているエッシェンバッハ光学のルーペ陳列什器を紹介する。

エッシェンバッハ光学は、約100年前よりルーペを作り続けているドイツの老舗レンズメーカーである。このルーペは、品質とデザイン性において数々のデザイン賞を受賞したほか、美術館での展示・販売品としても採用され、世界中の人々に愛用されている。日本でもメガネ量販店やセレクトショップなどで取り扱われており、こだわりの一品としてファンも多い。

ルーペ陳列什器は、薄いトレーのような形状をしており、その中へ数種類のタイプのルーペがパズルのように無駄なく組み合わされ並べられている ...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW ツール編 の記事一覧

「こだわりの一品」を整然と陳列する(この記事です)
「フォトジェニック」な商品の魅力を最大化するという切り口
ギミックで遊ぶ メーカーと買い物客との新しいコミュニケーション
「ジャケ買い」ならぬ「POP買い」物語の世界に触れられるマンガ売り場
陳列は商品を投げ入れるだけ そのままで魅力的なディスプレイに
限りなくリアルな体験を店頭で

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する