広告マーケティングの専門メディア

           

広告・メディア・マーケティング 2024年は、こう動く。

リサーチ・メディア・AIプラットフォームまで トータルマーケティングソリューションを提供

石角裕一氏(楽天グループ)

電通が発表する「日本の広告費」において「物販系ECプラットフォーム広告費」が新設されたのが2019年。また、リテールメディア広告市場は国内でも急速に拡大している。コロナ禍を経てEC需要が伸び続ける中、国内大手のインターネット・ショッピングモール「楽天市場」を運営する楽天の今後の戦略とは。

リテールメディアへの注目が追い風

―今年1年を振り返り、貴社のビジネスをどう総括しますか。

組織体制を変更し、これまで分かれていた広告、アフィリエイト、リサーチの3事業が統合。これにより、リサーチから広告出稿、その後のブランドリフト調査までをワンストップで提供できるようになりました。2023年、マーケット全体では広告業、リサーチ業共に好調とは言いにくい状況。こうした中で、広告事業における2023年度第3四半期の売上収益は510億円と、前年同期比15.3%増で順調に推移しています。

この4~5年で「リテールメディア」という言葉が頻繁に使われるようになったことも、追い風になったと...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

トップランナーたちの予測と展望 広告・メディア・マーケティング 2024年は、こう動く。の記事一覧

トップランナーたちの予測と展望 広告・メディア・マーケティング 2024年は、こう動く。の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する