広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

企業担当者にアンケート! 制作パートナーを選ぶポイント

制作を依頼する際、何を基準に、どういうポイントで制作会社を選んでいるのか。実際に発注を行っている企業担当者にアンケートをとり、制作会社に期待すること、理想の関係、現状の課題を聞いた。

Q.1 制作会社を選ぶ際、最も重要視しているポイントは?

業界やブランドへの理解度(食料品/30代・男性)

ニーズに合っていてかつ、少し先をいっていること(団体/40代・女性)

ユーザー目線でクリエイティブがつくれること(外資系化粧品/40代・男性)

制作会社の特技(繊維製造/50代・男性)

キャスティング力(運輸/40代・男性)

コストパフォーマンス(サービス/40代・女性)

企画のアイデアが豊富(内容・検討の幅)(飲料/20代・女性)

Q.2 期待していることは?

商品コンセプトや広告物のデザイン・制作をオーダー通りに受けるだけでなく、戦略部分においてキャッチボールができること。場合によっては(こちらのロジックがリーズナブルでないと感じた場合)制作を拒否してくれても良いと思っています。(飲料/20代・女性)

Executionのイメージをしっかりと持っていただくことです。得てして、特にデジタルの分野では、新しいテクノロジーを提案されることが多いのですが、常に「ターゲット消費者にとって、どう作用するか」を考えてから、プランニングをしてもらうようにしています。(飲食料品卸売/40代・男性)

事業を理解してもらいつつ、理念に基づき、近い将来をクリエイティブしていく志。言われた仕事をするのではなく、ロジックのしっかりしたアイデアを高い技術で表現してほしい。(繊維製造/50代・男性)

事業を理解、商品やサービスを把握し、ユーザー目線でクリエイティブを制作できる能力を期待する。例えば、過去の成功事例に捉われたデザインを踏襲していても、新しい発見や成長は望めない。クライアントばかり見て仕事するのではなく、ユーザーを見て仕事できる制作会社が求められている。(外資系化粧品/40代・男性)

こちらの意図を汲み取り、目的(課題解決)にあった企画のご提案いただくことを期待しています。デザインにおいては ...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する