広告マーケティングの専門メディア

クリエイティブ対談

福里真一×白岩玄「ヒットコンテンツの企画術」

福里真一×白岩玄

これまでに、数多くのヒットCMを手掛けてきた広告業界きってのヒットプランナーである福里真一氏。ベストセラー小説『野ブタ。をプロデュース』の著者であり、かつては宣伝会議コピーライター養成講座で広告の勉強もしていた白岩玄氏。広告と小説、異なる領域で活躍する二人にヒットする企画と、その発想法を伺います。

CMプランナー 福里真一氏(左)
作家 白岩玄氏(右)

企画は理詰めで考える

福里 白岩さん原作の『野ブタ。をプロデュース』のドラマが放映されていた頃、クリエイティブディレクターの佐々木宏さんが「あのドラマが大好き」と話していましたよ。よく講演で「広告もあのドラマと同じで、人気のないものを人気者にしてあげる仕事だ」と。そして、よく考えると自分が好きなドラえもんも、「のび太をプロデュースだ」と、ダジャレでウケをとっていました(笑)。広告の勉強をしていたことが、あの作品に何か影響を与えているんでしょうか?

白岩 光栄です。もともと広告が好きで、宣伝会議のコピーライター養成講座にも通っていたほどなので、あの作品は自分の「広告好き」なところが、そのまま出ていた気がします。「野ブタ。をプロデュース」は若気の至りと言うか、勢いで書いたようなところがあります。福里さんは普段、どんなふうに企画を考えているんですか。

福里 まずは、その商品の広告はどんな感じになるといいかな? というイメージを ...

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する