広告マーケティングの専門メディア

広告を「読む」。

「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい」(丸大食品、1970年代)

山本高史

広告を「読む」と「時代/ 社会/人間」が見えてくる。広告は消耗しない。積み重なる。

156_01.jpg

丸大食品「山小屋」篇(1970)

「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい」というコピーがやたらと気になった。1970年代のものだ。丸大食品のCFである。そのCFはよく覚えている。たしか焚き火でハムを焼いてなかったか。再会には懐かしい思いとは別に不思議な感覚があった。(なぜ一食品メーカーが、他人の子育てに言及し、おまけにわんぱくでもいい、などと責任の取りようのないことを言うんだろう?)その善し悪しではなく、ただ奇妙な事態に見えた。その奇妙さが頭の中でくすぶって、しばらくの間このコピーを反芻していた。

それは『日本のベストコピー500選』の選定に携わった時のことだ。文字通り、日本の数多くのコピーの中から「名作」を選び出すのである。遠い過去から近い過去まで、編集から大量のコピーのリストが送られてくる。(これあったなあ、憧れたなあ、マネしたなあ)と密かに胸をときめかせて読み続けた。見ること読むことは楽しいだけの作業だが、ぼくはこのように過去のコピーを評価することについて、微妙な躊躇を覚える。それらのコピーは(第一位となった『おいしい生活。』も含めて)、広告的にはすでに無価値だからだ。

「どんなコピーがいいコピーなんですか?」と、コピーライター講座などでコピーライター志望のキラキラした目で聞かれる。「売れるコピー」と瞬時に答える。「ユーモア」とか「論理性」とか「情緒」とかの言葉を待っていた質問者は、必ず戸惑いと落胆の表情を浮かべる。「もちろんコピーで人の気持ちを動かしたいよ」とフォローしておく。しかし「おいしい生活。」というコピーで、今の百貨店でモノは売れまい。「おいしい生活。」という言葉で、今の生活者の心は動くまい。無価値などという無礼な言葉は、このことを指している。

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する