広告マーケティングの専門メディア

企業コミュニケーションの理想像

「資生堂らしさ」はどこへ行く?

資生堂 コミュニケーション統括部 メディア戦略室長 羽生浩一

027_01.jpg

クリエイティブ発想の媒体計画

この20年、資生堂でメディアバイイングや宣伝制作の進行に携わってきましたが、常に宣伝部という組織のあり方や役割は変わり続けてきたように思います。あくまでこれは一例ですが、制作とメディア戦略の双方を内包していた当社の宣伝部門も、今では「宣伝制作部」「コミュニケーション統括部」と分かれています。

ただ、組織の変化というのはひとつの現象に過ぎず、達成すべき目標に対して、適したメンバーが組織の壁を超えてべストな仕事をすることが重要だと考えています。すべての課題を難なく解決してくれるような組織はないわけですから、皆で目の前の課題と真摯に向き合って試行錯誤し続けるしかありません。

現在、私はコミュニケーション統括部のメディア戦略室長として、メディアバイイングや商品PRのほか、コーポレートサイトを中心とするデジタルメディアのチームを率いています。その中でも近年、お客さまとのコミュニケーション設計を一変させたのは、デジタルメディアの進化でしょう。

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業コミュニケーションの理想像 の記事一覧

「資生堂らしさ」はどこへ行く?(この記事です)
オンライン家計簿「Zaim」に見る、ユーザーとサービスの関係
リコー「THETA」で新機軸、映像体験を通じて消費者と共進化
増える単身世帯、マーケティングへの影響とは?
僕らは「何をすべきか」 時代の文脈に沿うビジョンを
テレビCMへのクレーム多発!広告表現の危機を考える
映画監督・大友啓史さん「意志、願い、覚悟――未来に映像が担うもの」
最大のコミュニケーションは常に「最深」から
トヨタが「TOYOTOWN」というフレームを生み出した理由
加速する「共創」時代、クリエイターへのガイド
つながりっぱなしの世界
企業の「データ分析」に対する誤解とは?
これから起きること。これから起こさねばならないこと。
宣伝担当者は、企業の「センターマン」であれ。
人は「買う」だけの生き物?
新しい買い物体験を作る、セブン&アイのオムニチャネル戦略とは?
広告の「枠組み」を壊す存在は

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する