日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

著者インタビュー

「ググらない」という発想法 妄想がアイデアの種になる

浅生 鴨氏

面白い!を生み出す妄想術 だから僕は、ググらない。
浅生 鴨/著
大和出版
224ページ、1400円+税

世の中には「発想」にまつわる本はたくさんある。ところが「妄想」となると、それほど多くはない。

本書の著者、浅生鴨氏によれば妄想の広げ方にはコツがあり、妄想を形にしたりアレンジしたりする方法もある。「日々の妄想こそが、アイデアの種になる」という著者なりの思考プロセスを解明するのが、この本の狙いだ。

「『普段、企画を考える仕事をしている人はこんな風に毎日を過ごしているんだ』というヒントになれば。新しく企画担当になった人や新しい施策を急に考えなければいけなくなった人のための入門書のひとつとして、参考にしてもらえたらと思います」。

著者はNHK出身で、かつて広報局で公式Twitterアカウントの運営を担当していた。NHKの固いイメージを覆すような"ゆるい"投稿が話題となり、企業アカウントの中の人の先駆けとしても知られている。

2014年にはNHKを退職し、現在は作家やクリエイターとして活躍。個人アカウントには約4万人のフォロワーがいる …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

「ググらない」という発想法 妄想がアイデアの種になる(この記事です)
商品開発も組織づくりも「感動体験」が付加価値に
広報戦略は「透明資産」 集客力を高めるメディアの使い方
人気ゲームを分析 人を動かすデザインとは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する