日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

プレゼン力診断

創業家3代目、幸楽苑HD・新井田昇社長のプレゼン分析

永井千佳(トップ広報プレゼン・コンサルタント)

経営者の「プレゼン力」を診断。声・表情・身振り・ファッションといった視点から毎号、分析します。

1月28日(月)
「幸楽苑×楽天 共同記者説明会」in 紀尾井カンファレンス

楽天ポイントの利用やAIの試験導入など楽天とサービス連携
幸楽苑ホールディングスは1月28日、楽天とのコラボレーションに関する共同記者説明会を開催。新井田昇代表取締役社長が「楽天ポイントカード」とのサービス連携など共同プロジェクトについて説明を行った。説明会には楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長も登壇し、新井田社長とのトップセッションも行われた。

幸楽苑ホールディングス 代表取締役社長 新井田(にいだ)昇

会見の真っ直中、新井田昇社長が走った。プレゼンを終えて会場を去る楽天・三木谷浩史会長のあとを追い、廊下で何度も深々と頭を下げる。その姿がドアの隙間から目に焼きついた。

この日のゲストである三木谷会長は15年前、見知らぬ男性からいきなり声をかけられた。「ガッツがある若者だな」と感じたのが新井田氏だった。そこから交流が始まり、新井田氏の願い出により2009年から3年間楽天に出向。「楽天市場」のECコンサルタントとして経験を積み、その後は「東北楽天ゴールデンイーグルス」の立ち上げにも協力するなど関係を深めてきた。

2人は師弟関係にある。新井田社長は、三木谷会長のプレゼンを真剣な眼差しで聞きながら一言一句にうなずき、トップセッションで楽天とパートナーシップを実現したことについて聞かれると「感無量で言葉がない」と感激を隠さなかった …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

プレゼン力診断の記事一覧

プレゼン力診断の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する