販売促進の専門メディア

           

今月のPOP UP!

北海道白糠町の特産品の魅力発信 いくらを模した内装を効果的にPR

シラリカいくら食べ比べ亭

北海道白糠町産の生いくら「シラリカいくら」を味わえるレストランが期間限定で東京・下北沢にオープン。インパクト大の店内装飾をPRすることで効果的に集客した。

通行人の目に留まる、大きな藍染ののれん。ロゴマークは輝く一粒のいくらと、白糠町に根付くアイヌ文化の紋様をイメージして図案化したもの。4日間で約700人が来場した。

いくらをイメージした装飾で埋め尽くされた店内。天井から下がる、いくらをイメージしたオブジェは手作業によるもので、白い紙製ちょうちんを朱色の墨汁でひとつずつ塗った。

海の幸を中心とした返礼品で、ふるさと納税の全国4位(2022年度、総務省発表)の寄付額を集めている北海道白糠町。特産品の魅力を広く世界に発信し、町に資産として残り続ける地域ブランドをつくることを目的に、2023年8月に「シラリカブランドプロジェクト実行委員会」(運営:イミュー、playknot、Right Design、白糠町)が立ち上がった。

白糠町の特産品を「シラリカブランド」として認定する取り組みの第一弾としてローンチされたのが...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

今月のPOP UP! の記事一覧

北海道白糠町の特産品の魅力発信 いくらを模した内装を効果的にPR(この記事です)
「赤箱」の新しい魅力を五感で伝える横浜らしさ満載のイベント
ロングセラーお菓子の屋内型イベント 「たべっ子どうぶつ」の世界に没入
植物や生態系の“再生”活動を伝えるロクシタンのポップアップストア
中古品販売やウェア修理を通じて「新品よりもずっといい」を伝える
Netflix人気作品の世界観に没入 フードや限定グッズも販売

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する