販売促進の専門メディア

話題になったプロモーションの「企画書」と「実現力」

逆転の発想でキャンペーンを話題化!バーガーキングの「企画書」と「実現力」

BURGER KING JAPAN

BURGER KINGが2020年11月に実施した「BURGER KING TOWN 物件情報サイト BK TOWN ROOM」。大手不動産ブランドと協力し、バーガーキング店舗最寄りの賃貸住宅を検索できるWebサイトを公開した。各種プロモーションが話題となり、波及力があるバーガーキングのプロモーションはいかにして世に出るのか伺った。

左から
DE Inc,
Creative Director/
Art Director
岩田 英也氏

ビーケージャパン
ホールディングス
COO
野村 一裕氏

コアアイデアはブランド発

野村:キャンペーン当時、バーガーキングの国内店舗数はまだ100店舗ほどでした。競合のファーストフード店に比べて圧倒的に少なく、Twitter上では「お店が近くにない!」「お店を近くに作ってくれ!」というファンの方からの声がたくさんあがっていました。

また、知っているけど行ったことがないという方も多く、Awarenessは高いがConsiderationを上げられていないという課題がありました。

しかし、すぐに多くの新規店舗を作るのは容易ではありません。どうすればよいか考えたとき、バーガーキングがファンの近くにないのではなく、ファンたちがバーガーキングの近くにいない状況なのではないかと考え付きました。「BK TOWN ROOM」の企画はここからスタートしました。

岩田:バーガーキングのキャンペーンは野村さんやクリエイティブチームを含め、ここ数年は同じメンバーで企画から実行までしています。野村さんに最初にオリエンを伺ったとき、面白いなと思うとともにこれは大胆にやり切った方がバーガーキングらしいな、と思いました。

当時のオリエンテーションを整理するとこのような内容です。

    背景

    バーガーキングは関東を中心に約100店舗を展開している(2021年11月時点)。プロモーションを実施するたびに「お店が近くにない!」というSNSでの投稿が散見される。


    POINT

    新店舗を出店するのではなく、ファンに近くに引っ越してもらおうとするバーガーキングの大胆さを表現する。


    コアアイデア

    店舗とファンを近づける。大手不動産企業とコラボして、「バーガーキング店舗が近い物件」を自身で探せるサービスを開始する。


    施策のGOALイメージ

    最寄り駅にはないが、意外と近くにバーガーキングの店舗はある!という...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

話題になったプロモーションの「企画書」と「実現力」の記事一覧

話題になったプロモーションの「企画書」と「実現力」の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する