販売促進の専門メディア

宣伝会議プロモーションフォーラム2018 セミナーREPORT

熱狂を呼ぶレアル・マドリード流 ファンマーケティング

Hiro Sakai

宣伝会議は8月28日、29日の両日、ことしで10回めとなる「宣伝会議プロモーションフォーラム」を開催した。テーマは「テクノロジーとクリエイティビティで販促を再定義する」。



レアル・マドリードは欧州のクラブサッカーリーグ「UEFAチャンピオンズリーグ」で歴代最多の優勝回数13回を誇る、世界トップクラスのプロサッカーチームだ。有名選手が多く在籍しており、金銭的に潤っているイメージもあるが、「実は2000年の時点では約300億円相当の有利子負債を計上していた」と酒井浩之氏は明かす。しかしその後、全世界にファンを広げることで2002年には黒字転換、2017年は売上高が約850億円に達した。

約15年をかけた業績回復だが、ポイントは「企業のアイデンティティ、フィロソフィーをファンと共有したこと」。露骨にものを売ろうとするとファンは嫌がるが、企業が成し遂げようとしている目的に共感すれば、ファンはついてくる、という考えだ …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議プロモーションフォーラム2018 セミナーREPORT の記事一覧

価値の創造が社員を変える 新・ファッションビジネスの「再生」と「新生」
熱狂を呼ぶレアル・マドリード流 ファンマーケティング(この記事です)
若者の「夢」応援 生まれ変わるファッションの聖地
市場変化への対応が急務 日本式の新たなリテールを形に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する