販売促進の専門メディア

ゲームから学ぶ 人を動かす『ヒント』

『ウマ娘』の人気を後押ししたのは「ゲーム実況」?観て楽しむゲーム文化が人を動かす

杉浦 充(ADKマーケティング・ソリューションズ)

数多くの話題を呼んでいる『ウマ娘 プリティーダービー』(ウマ娘)。ゲームの魅力はもちろん、ゲーム実況での盛り上がりもヒットの背景にあると思います。本稿では、『ウマ娘』の魅力やゲーム実況しやすい環境づくりについて解説します。

Cygamesのプレスリリースより

ウマ娘 プリティーダービー

Cygamesが手掛けるスマートフォン向けゲーム。実際の競走馬を擬人化したキャラクター「ウマ娘」を育成する育成シミュレーションゲーム。

みなさん、はじめまして。広告会社のプランナーであり、生粋のゲーマーでもある杉浦と申します。祖父母が玩具店を営んでいたこともあり、小さな頃からゲームが趣味なのですが、数多くのご縁があって、仕事でもゲーム業界のプロモーションに携わっています。本連載では、そんな広告もゲームも好きな自分が気になったゲームを紹介していきます。

2021年上半期の超ヒット作

2021年上半期に話題になったゲームといえば、『ウマ娘』が筆頭でしょう。2021年2月24日にCygamesによってリリースされたスマホゲームであり、その名の通り、実在の競走馬の名前を冠した美少女キャラクターを育成し、プレイヤーとの絆を深めながらレースでの勝利を目指すものです。現在900万ダウンロードを超えていますが、特に驚くべきはその売上です。

リリース直後の2021年3月の売上は約140億円に上ったとされ、2021年4〜6月の課金額でも日本で第1位を記録しています(Sensor Tower社調べ)。このように大きなヒットを続ける『ウマ娘』ですが、今回は、「ゲームの内側」と「ゲームの外側」の視点から多くの人を動かすヒントを考えていきたいと思います。

ゲームは“観る文化”へ

ヒントその2から考えられるように、ゲームはもともと“プレイする文化”ですが、今では“観る文化”も当たり前になっています。実際に私の『ウマ娘』のプレイのきっかけは、有名実況者の配信を観たことでした。ゲーム実況で新しいゲームを知る、買う前にゲーム実況を観る、買ったら自分も実況してみる。知ること、調べること、人と共有すること、全てがゲーム実況によって行われる時代です。

『ウマ娘』だけではなく『フォートナイト』『Apex Legends』といったゲームは、ゲーム自体の魅力はもちろん、ゲーム実況者がこぞってプレイし始めることで、ゲーム自体の盛り上がりを感じられたこともヒットの要因かと思います。今後さらにゲーム実況は身近になり、観ても面白い“実況映え”するゲームが人を動かしていくことになると思います。



人を動かす“ヒント”

    その1
    ゲームの内側:「3タイプのユーザーが興味を持てる設計」

    ゲームがヒットする要素として、「ゲーム(プロダクト)がおもしろい」というのは必須事項ですが、『ウマ娘』の...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する